ワイズクリエイトは写真を通じて人と人、人と自然との コミュニケーションを確立する事を目的とするフォトオフィスです。
 1999年に東京・中央区で創業し2003年10月よりオフィス並びに大中判カメラ専門ショップを文京区本郷3丁目に移転。自然写真家、山岳写真家による写真セミナー、撮影会の開催、 写真集の出版、写真レンタル、各種制作業務等もよりパワーアップし、写真に関するソフトとハードあらゆる業務を行います。
 またワイズ大中判写真の会、マミヤカメラクラブ等の運営や商品、建築、ポートレート撮影など全ての分野での撮影業務も受け付けています。

《トピックス》

タヒチ 惹きつけるもの (FRENCH POLYNESIA, CALLING US) 7/15出版。

 ワイズクリエイトでは7月15日に「タヒチ 惹きつけるもの」(著:松井光夫)を出版致します。同書は美しいタヒチの自然、文化、生活をまとめ上げた二部構成からなります。第一部は大判フィルムカメラとヘリコプターを使いタヒチ上空から5年間にわたり撮影した航空写真の代表作を収録しています。海と空のブルー、島々のグリーンの繊細なグラデーションが情報量豊かな大判フィルムによって再現され見る人の心を癒やします。第二部はデジタルカメラを駆使し、タヒチの伝統を守り伝える大きなお祭りを通して人々の表情、日常生活の一瞬を切りとっています。それらからタヒチの歴史・文化・生活までをも想像するのは容易なことでもあります。タヒチの大自然を高精細な表現を得意とする大判フィルムと、動きのある被写体に対して威力を発揮するデジタルカメラの二つのアイテムを使い分けた写真集は、正にフイルムとデジタルの融合された初めての写真集といっても過言ではありません。Amazonでも予約購入出来ますのでご注目下さい。

書籍名:タヒチ 惹きつけるもの (FRENCH POLYNESIA, CALLING US)
著者:松井 光夫
出版社 : ワイズクリエイト; A4判ヨコ版
発売日 : 2021/7/15
言語 : 日本語 (英文あり)
単行本 : 88ページ
ISBN-13 : 978-4-9903972-5-8
寸法 : 21.7 x 30.5 x 1.5cm 重量:779g
価格:3300円(本体3000円)



※Amazonでも購入可能です。

「東京下町界隈 カメラ散歩」を全国の公立図書館に蔵書用提供致しました。

ワイズクリエイトから出版した「東京下町界隈 カメラ散歩」は従来の散歩情報誌が、写真、テキスト、地図の三つの要素から成り立っていたものにQRコードを採用して動画情報を加えた事が話題になり、全国の多くの新聞で紹介されました。今回同誌を日本全国多くの方々にも知っていただこうと、全国の公立図書館約270館以上に蔵書用提供発送いたしました。これにより、各地に居ながらにして東京下町散歩が体感可能となります。是非お近くの図書館でご一読下さい。写真は発送風景と各図書館から届いたお礼のハガキです。





ワイズクリエイトの営業時間は平日10時〜18時。土日曜・祭日は休業となります。ただし土曜日でも撮影会・勉強会等のイベント開催で営業する場合があります。ご来店の場合は事前にご確認下さい。






























※ブログ「大判カメラ日記」は 11年目に
突入しましたが連続で毎日更新しています。
是非、ご覧ください。

ワイズクリエイトは
フェイスブックに参加しています。