究極の銀塩カメラと言われる大判カメラ。その特長は35ミリ判の約15倍もある圧倒的な画面の大きさは勿論、風景写真等で多用されるパンフォーカス写真や被写体の高さを表現するアオリ撮影、接写撮影などあらゆる撮影を可能とする事です。ワイズ45EXはこれらの撮影をより正確に、効率よく行う事を主眼に設計された4x5インチ判木製フィールドカメラです。木製大判カメラの常識を破ってここに登場です。

【軽量でも頑丈な設計】
木製カメラはいかに軽量で強度が有るかを考慮し製造されます。ワイズ45EXは軽くて強いクルミ材を使用し、木製カメラでは大変珍しいベッド部に大型アルミプレートを採用しました。この結果、強度アップは勿論、レール繰り出し精度が大幅に高まりました。しかもこの安全設計でもボディ重量2300gとまさにフィールドでの使用に最適なボディと言えます。また塗装はワイズオリジナルの重厚感有るブラック仕上げです。
【広角レンズから望遠レンズまで対応】
最短フランジバックは68ミリで焦点距離65ミリクラスの超広角レンズが使用可能。また最大フランジバックは340ミリでテレタイプの400ミリレンズもフラットパネルで使用できます。しかもレンズスタンダードのセット変更で最大415ミリのフランジバックを実現。
【滑らかなアオリ操作を実現】
アルミカット技術と金型部材の採用で滑らかなアオリ操作性を実現しました。また収納時、セット時の強度も大幅にアップ。
【スライド式ピントガラス枠の採用】
従来の木製カメラのほとんどはスライド式ヒンジ機構が無いためピントガラス枠の着脱に苦労しましたがワイズ45EXはスライド式ピントガラス枠ヒンジを採用し、ロールホルダー使用時も大変スピーディに操作ができます。
【操作性に優れたノブと見易いスケール】
ピント合わせで多用するフォーカシングノブやアオリ用のノブ類もちょっと大きめに設計し寒冷地で手袋をしての撮影にも配慮しています。またレール部やライズ/フォールのスケールも見易く使い易いのも特長です。

《ワイズ45EX仕様》
【型 式】木製4x5インチフィールドカメラ
【画面サイズ】4x5インチ判(6x7、6x9、6x12Cm)

【レンズマウント】リンホフ規格パネル仕様
【焦点調節】ピントガラスによる
【バック部】国際規格4x5インチ判、縦横位置差し替え式
【アオリ機構】
(レンズスタンダード部)
  チルト 前90度 後60度(蛇腹により制限)
  スイング 左右各30度
  ライズ 27ミリ
  フォール 45ミリ
(バック部)
  チルト 前50度 後30度(蛇腹により制限)
  スイング 左右各15度
  ライズ 52ミリ
【最大フランジバック】340ミリ 415ミリ(組替で)
【最小フランジバック】68ミリ
【三脚ネジ】JIS規格1/4インチ 又は3/8インチ(ベッド部)
【外形寸法】240(横)x200(高)x110ミリ(幅)
【重 量】2300g
【材 質】木製部=くるみ材 金属部=アルミ他
【その他】水準器、カメラ革バンド装備

ワイズ45EXボディ 210,000円+税 

(製造中止)





























※ブログ「大判カメラ日記」は 11年目に
突入しましたが連続で毎日更新しています。
是非、ご覧ください。