イズマルチボードは1つで6役。
中判カメラ、大判カメラでの撮影に
その力を発揮!
コンパクトに折り畳め、しかも軽量。
取り付け場所を選ばないフレキシブルクランプ
今までに無い画期的な製品。

【仕様】
♦2インチ表示入りフレキシブルクランプ1個
♦表面=露出倍数スケール
♦撮影倍率スケール
♦通常スケール入り18%グレーボード
♦裏面=艶消しブラックボード1枚
♦表裏面=ホワイトレフボード1枚
ワイズ価格:4,900円+税

1.簡易フレキシブルフード
フレキシブルクランプの採用により大判、中判カメラ等どんなカメラにも対応するフードです。折り畳み式のブラックのフード部はあらゆる状態の光線をカットします。

2.グレーカード(18%標準反射板)
露出計で計った通りのデータでアンダーやオーバーになった事は多い筈です。それは被写体の色が白や黄など明るかったり、黒色など 暗かったりするからです。そんな時に露出測定の失敗を防ぐのがグレーカード(18%グレーの標準反射板)です。被写体にグレーカードを置きそれを露出計で測光して下さい。

3.ホワイトレフ
花の撮影や商品撮影など光をコントロールする時に大変便利です。折の部分で自立も可能。フレキシブルクランプを使えばより自在なコントロールができます。テーブルフォトにも最適。

4.露出倍数スケール
大判カメラで接写や近接撮影をすると蛇腹の伸びで通常より多くの露光を与えなければなりません。またこれを計算するのは大変面倒です。露出倍数スケールがあればあっという間に適正露出が算出できます。被写体にフレキシブルクランプの蛍光シールを置き、ピントガラス上でその大きさをスケールで読み取って下さい。

5.撮影倍率スケール
花などの記録性の高い被写体は是非1対1で撮りたいものです。撮影倍率スケールを使用すれば任意の撮影倍率での撮影が可能です。使用方法は露出倍数スケールと同じですが、ピントガラス上を計る時に撮影倍率スケールをご使用下さい。

6.標準スケール
あって便利なものが通常スケールです。蛇腹の長さを計ったり、花などの被写体の大きさを計ったり、使用用途は無限です。








































※ブログ「大判カメラ日記」は 11年目に
突入しましたが連続で毎日更新しています。
是非、ご覧ください。