チェンジングテント45

チェンジングテント810

1980年アメリカのパティ・ハリソン氏により製品開発されたテント式チェンジングバック「ハリソン・チェンジングテント」をCamera Essentials 社より輸入し2012年6月10日より販売を開始致します。

多くの大判カメラユーザーが使用する、暗室不要の大判カメラ用フイルムシステム「クイックロード」の製造中止が発表され、ユーザーは自身でフイルムホルダーへのシートフイルム装填を暗室、ダークバック等で作業することが必須となりました。
大掛かりな暗室を設営することは出来ないユーザーが大半のため、ダークバッグにるフイルム装填に移行する事が予想されますが、狭くてスペースの小さいダークバック内の装填作業は修練が必要となります。ハリソン・チェンジングテントはダークバックをテントの様に組立て自立させるので、ダークバック内に空間が出来フイルム装填作業がより簡便で効率的になります。組み立て式のため専用スタッフザックにコンパクトに収納でき携行性に優れています。また素材となるハリソン独自の反射銀ファブリックは内部の温度が上がるのを防ぎ、フイルム、ホルダーの出し入れ口はダブルジッパーを採用し安全性を配慮しています。

《ハリソンチェンジングテント45》
外形寸法:64 x 48 x 31cm
重量:0.9Kg
スタッフザック:33 x 10cm
ワイズ価格:36000円+税
※旧為替で入荷した商品のためお得な価格となっています。
《取扱休止》

《ハリソンチェンジングテント810》
外形寸法:91 x 69 x 36cm
重量:1.35Kg
スタッフザック: 38 x 12cm
ワイズ価格:39000円+税
※810は在庫切れです。急激な為替の変動のため暫く販売休止とさせて頂きます。
《取扱休止》






























※ブログ「大判カメラ日記」は 11年目に
突入しましたが連続で毎日更新しています。
是非、ご覧ください。