『大判カメラマニュアル』は従来無かった大判カメラの参考書とした位置づけで、大判カメラの基本から、撮影の実際までを作例写真とイラストをふんだんに使用したカラー164ページにも及ぶ教習本(参考書)です。特に今注目されているアオリ撮影に付きましては、シチュエーション毎にアオリ使用の前後の写真、イラストを比較解説をする等、読者の身になった親切編集となっております。是非メール、ファックス等でご注文下さい。


 美しいタヒチの自然、文化、生活をまとめ上げた本書は二部構成からなります。第一部は大判フィルムカメラとヘリコプターを使いタヒチ上空から5年間にわたり撮影した航空写真の代表作を収録しています。海と空のブルー、島々のグリーンの繊細なグラデーションが情報量豊かな大判フィルムによって再現され見る人の心を癒やします。第二部はデジタルカメラを駆使し、タヒチの伝統を守り伝える大きなお祭りを通して人々の表情、日常生活の一瞬を切りとっています。それらからタヒチの歴史・文化・生活までをも想像するのは容易なことでもあります。タヒチの大自然を高精細な表現を得意とする大判フィルムと、動きのある被写体に対して威力を発揮するデジタルカメラの二つのアイテムを使い分けた写真集は、正にフイルムとデジタルの融合された初めての写真集といっても過言ではありません。ご注目下さい。


松井光夫写真集「タヒチ 惹きつけるもの (FRENCH POLYNESIA, CALLING US)」

◆媒体名 タヒチ 惹きつけるもの  FRENCH POLYNESIA, CALLING US
◆著 者 松井光夫
◆体 裁 A4判ヨコ ハードカバー 全ページカラー印刷
◆ページ 88ページ
◆発行日 2021年7月15日
◆価 格 3000円+税
◆寸 法 21.7 x 30.5 x 1.5cm
◆重 量 779g
◆発行元 株式会社ワイズクリエイト
ISBN 978-4-9903972-5-8

《著者略歴》
1944年北海道生まれ。北海道大学工学部合成化学工学科卒業並びに同修士課程を修了後、民間会社で研究に従事。1979年に弁理士登録。現在、松井特許事務所(東京都港区浜松町)の所長。さいたま市在住。日本リンホフクラブおよび日本写真家連盟(PFJ)所属。富士フイルムフォトサロン東京および富士フイルムフォトギャラリー銀座にて、夫々個展を開催。

 「タヒチ 惹きつけるもの」のお求め希望の方は、直接ワイズクリエイトまでお電話、ファックス、メールにてご注文下さい。ヤマトDM便(送料無料)にて発送させて頂きます。代金のお支払いは書籍に同封の郵便局振替用紙にて、14日以内にお近くの郵便局でご決済下さい。また、Amazonにてもお求め可能です。検索画面で「タヒチ 惹きつけるもの」と検索下さい。





























※ブログ「大判カメラ日記」は 11年目に
突入しましたが連続で毎日更新しています。
是非、ご覧ください。